【ウイイレアプリ2020:3CFフォーメーション】ファビオ・カンナヴァーロ監督の4-3-3が使用感最強!

やっぱり欲しい超攻撃的3CFフォーメーション。

できれば安定の4-3-3で欲しいですね。

そこで現時点で最も近いのが、ファビオ・カンナヴァーロ監督の4-3-3です。

CF+2STですが、かなり理想的な3CF型です。

今回は3CF型の監督を、ファビオ・カンナヴァーロ監督も含めて、4人紹介していきます。

今後もどんどん追加していきます。

ウイイレアプリ2020:攻撃力最強の3CFを探せ!!

ウイイレアプリで攻撃最強なのは間違いなく3CFです!

しかし、全然登場しません。

ウイイレアプリ2019ではちゃんとした3CFはおそらく1人(ケテルビー監督)だった気がします。(途中から探すのをやめてしまいました。)

そして、今作も完全な3CF型はまだ登場していません。

そんな中、CF+2STを近い距離でくめる監督が何人かでてきているのでここでは紹介します。

特に、4-3-3の3CF型であるファビオ・カンナヴァーロ監督はとても貴重です!

まずはファビオ・カンナヴァーロ監督から紹介!

ファビオ・カンナヴァーロ監督:4-3-3(3CF型)

カンナヴァーロ監督は、2006年のワールドカップを制して、バロンドールにも輝いた最強CBです。

現在は、広州恒大の監督をしていて、アジアチャンピオンズリーグで猛威を奮っています。

そんなカンナヴァーロ監督のフォーメーションが絶妙な3CFができます。

厳密にはCF+2STですが、ポジションがとても近く使用感はまさに3CFです。

<中央CFがボール持ったときの距離感>

<STがボール持ったときの距離感>

ウイイレアプリ2018のペケルマンの使用感にもっとも近いですね。

まだまだやり込めていませんが、3CF型はしばらくこのフォーメーションで極めていこうと思います。

他の3CF型と異なり、しっかりと4バックなので安定しています。(選手配置は後半で)

カンナヴァーロ監督のフォーメーション

FW中央 CFとSTに切り替え可能
FWサイド ST固定
MF CMFとDMFに切り替え可能
DFサイド RSB(LSB)とCBに切り替え可能
DF中央 CBのみ

カンナヴァーロ監督のオフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア 中央
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア 中央
プレッシング セーフティ

カンナヴァーロ監督のディフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア 中央
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア 中央
プレッシング セーフティ

大槻毅監督:3-2-2-3(3CF型)

大槻毅監督のフォーメーションは、3-2-2-3の3CF型です。

こちらもカンナヴァーロ監督と同じで、3トップがとても近い距離なので攻撃がかなりしやすいです。

3バックなので、慣れないうちは少し守備が不安定気味ですね。

サイドのRMFとLMFの裏が空いてしまっているので、CMFにすると安定します。

大槻剛監督のフォーメーション

FW中央 CFとSTに切り替え可能
FWサイド ST固定
MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能
MF中央 CMFとDMFに切り替え可能
DF CBのみ

大槻毅監督のオフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア サイド
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア 中央
プレッシング セーフティ

大槻毅監督のディフェンシブ戦術

攻撃タイプ カウンター
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア サイド
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア 中央
プレッシング セーフティ

片野坂知宏監督:3-2-2-3(3CF型)

片野坂知宏監督のフォーメーションも3-2-2-3の3CF型です。

大槻毅監督より、さらに3トップが近い距離にあります。

RMFとLMFは逆に高い位置をとっていますが、DMFは低いので比較的安定しています。

大槻毅監督よりディフェンスラインも低く守りやすいです。

片野坂知宏監督のフォーメーション

FW中央 CFとSTに切り替え可能
FWサイド ST固定
MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能
MF中央 CMFとDMFに切り替え可能
DF CBのみ

片野坂知宏監督のオフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア サイド
ポジショニング フォーメーション重視
守備タイプ リトリート
追い込みエリア サイド
プレッシング セーフティ

片野坂知宏監督のディフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア サイド
ポジショニング フォーメーション重視
守備タイプ リトリート
追い込みエリア サイド
プレッシング セーフティ

アレシャンドレ・ペウキング監督:3-2-2-3(3CF型)

ペウキングはこれは3CFだ!って思ったんですけど、これもFWのサイドはSTとWGの切替でした。

しかもサイドのMFが変な位置にあるのでちょっと微妙なんですよね。

さすがに変則的すぎるかもです。

イメージ的には5-2-3って感じです。

ペウキング監督のフォーメーション

FW中央 CFとSTに切り替え可能
FWサイド STとRWG(LWG)に切り替え可能
MF中央 CMFとDMFに切り替え可能
MFサイド RMF(LMF)とCMFに切り替え可能
DF中央 CBのみ

ペウキング監督のオフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア 中央
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア サイド
プレッシング アグレッシブ

ペウキング監督のディフェンシブ戦術

攻撃タイプ ポゼッション
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア 中央
ポジショニング 流動的
守備タイプ フォアチェック
追い込みエリア サイド
プレッシング アグレッシブ

ファビオ・カンナヴァーロ監督の選手配置(4-3-3)

トップの組み合わせは迷い中

とりあえず組み合わせはトップ下のSTは「2列目からの飛び出し」「ラインブレイカー」の組み合わせにしています。

スカッドの位置以上に前に位置しているので「ラインブレイカー」は問題なしです。

「2列目からの飛び出し」は一応STなので作動しますし、バンバン上がるのでおすすめ。

問題はCFですね。

今のところ「ボックスストライカー」が一番ハマってる感じですね。

中盤はアンカー+ボックストゥボックスは必須

中盤の底は「アンカー」ですね。

その横は1人はボックストゥボックスがおすすめです。

僕は先日のクラブセレクションで当たったジエリニスキを育ててるので使ってますが、良い感じです。

もう1人は「プレーメイカー」でもいいと思いますが、僕は両方ともとりあえず「ボックストゥボックス」でやってます。

サイドバックはガンガン上がる!

MFにはしっかりと中央をケアしてもらって、サイドからはガンガン攻撃的サイドバックに今は上がってもらってます。

攻撃してこその3CF型なのでサイドバックが上がれば上がるほど2STも内側に入ってくれます。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

やっぱり3CFは使いたいですね。

このフォーメーションと4-2-2-2の両方をいろいろ今は試行錯誤しています。

今のところ、引き続きウイイレアプリは中央攻撃がやっぱり強いですね。

さらに、今作はセンタリングがかなり入るようになってきたのでサイド攻撃も意味があります。

サイド攻撃の場合でも3CF型はペナルティエリア中央の厚みが増すのでおすすめです。

とりあえず監督の出現も落ち着いてきたのでしばらくカンナヴァーロでやっていくかなー。

3CF型の監督が現れたらまた紹介します。

【ルイス・アルベルト・ロマン監督:ウイイレアプリ2020】超攻撃的4-1-2-3はやっぱり強い!OMF2枚置き!

2019.10.20

【ウイイレアプリ2020最強監督:クリスト・バルブエナ監督(シメオネ)使用感】攻撃しやすい監督ナンバー1!やっぱり安定してるよこの監督!

2019.10.18

【おすすめ監督(ウイイレアプリ2020)】全監督マネジメント能力爆上がり!デシャン・サントス・レーヴがまさかのフォメ変更!

2019.09.11